夫人咖啡
今回の馬祖行きは台北の松山空港から。プロペラ機で50分ほどです。
台中からのフライトもありますが、便数が少ないので台北まで新幹線で行きました。
e0022971_22172243.jpg

馬祖のメインアイランドは北竿と南竿ですが、私たちは行き帰りとも南竿空港を利用しました。
タクシーを半日チャーターしてまずは有名なカフェ「夫人珈琲館」へ。
ちなみに、タクシーのチャーターは1時間当たり500~600元が相場だそう。行きたいとお願いした場所だけでなく、オススメ観光地も廻ってくれる上に、しっかり説明まで付いているとはつゆ知らず、350元に値切ってしまった私たち(笑)今回は親切な運転手さんたちに4人ほどお世話になりました。みんないい人!
e0022971_22162738.jpg

馬祖でカフェと言えばココというくらい有名らしい夫人珈琲館。
海の見える高台にある、馬祖の伝統的な石造りの家を使ったお店で、とってもいい雰囲気!!
ちょうどお客さんも少なくて、静かにまったりできました。

台湾の離島というと南国熱帯のイメージがあるのですが、
ここの庭や周りの緑を見てなんか意外でした。
咲いているのは立葵やサルビア、アジサイといった日本にもある花、そして樹木もヤシの木なんかはなくて、日本と似たような感じ。緯度的には台北よりもっと北だし、冬は零下にもなるそうです。
e0022971_22175747.jpg

夫人珈琲でのオススメは馬祖の伝統料理をカフェ風にアレンジしたもの。
このドリア、中のご飯が赤いの、見えます?
馬祖では昔から家々で老酒(紹興酒みたいなの)を醸造しているらしいのですが、酒粕が赤いのです。ちょっと酸っぱい感じで、それを調味料として色んな料理に使うらしく、炒飯は一番有名だそうです。
このほかにギョーザのグラタンも美味しかった!
e0022971_22184091.jpg

そしてコーヒーは看板メニューの「氷滴珈琲」を。
降り注ぐ太陽の下(めちゃ暑いけど)、青い海を見ながら美味しいコーヒーが飲めるなんて最高です。
[PR]
by anmimi | 2009-06-12 22:24 | カフェ巡り
<< 芹壁村 馬祖に行ってきました >>