結婚に向かない年
今年ももうすぐ終わりですね~。
という今になって初めて知りました。今年は台湾では(旧暦では)「孤鸞年」と言って、
結婚に適さないと言われる年だったんですってね。
そういやどうりで今年はお呼ばれの回数が極端に少なかったかも?
例年7、8組くらいは呼ばれているのですが、確かに今年は2、3組だけでした。
実はみんな、去年の年末前(旧暦です)に駆け込みでバタバタ式を挙げてたらしい。
今年は閏月があった年なのですが、
立春が2回あるということは、「春」が1回ではなく2回、つまり一度目の結婚がうまく行かないかも~という危険性をはらんでいるからだそうです。
「これは元々日本の風習だ」と書いているサイトもあり。
それはどうだか分かりませんが。
e0022971_0132098.jpg

ちなみに、台湾で包むお祝いの相場は普通の同僚だと1600元(目下の超円高レートで約4300円)、特に仲良しだと2600元くらいです。
数回重なってもお祝い貧乏とまではいきませんが、
回収の見込みがないとねぇ・・・

文章と全く関係ありませんが、
写真は高雄のベーカリー「Le Petit Prince」で買ったマカロン。
台湾で初めて買いました、マカロン。
甘くてまだ全部食べ切れてません・・・
[PR]
by anmimi | 2009-11-27 00:06 | 台南に住んでた頃
<< ネットブックデビュー♪ 紅葉、どうですか? >>