古民家カフェ「sambal」
今回北京に来た一番の目的といえば!
まあそりゃ仕事なんですけど(笑)。
2番目の目的は何を隠そう、中国版古民家カフェ&レストラン探訪ですねっ。
早速行ってきましたよ~。
e0022971_11585151.jpg

まずは地下鉄2号線の「鼓楼大街」で下車。
この辺りは古い路地や伝統的な家屋が保存されている地区なので、いい雰囲気。
と、いきなり見つけました、「cafe sambal」。
e0022971_11593135.jpg

ほとんど改修してない感じで、ほんっとにボロボロなんですが。
e0022971_1210727.jpg

灰色の殺風景な部屋に真っ赤なソファーとかがどーんと置いてあると、
妙にマッチするんですよね。
e0022971_1352823.jpg

オーナーがマレーシア人ということで、メインはマレーシア料理です。
私はカレーを頼みました。
羊肉のカレー♪
中国に来たらいきなり羊肉摂取量が増えます。
でも羊肉はやっぱり串焼きが一番美味しいですね。煮こむとちょっとパサパサです。

春巻きやラーメン鉢みたいな大きさのスープがついたセットで80元(=1200円)。
北京的には安くないと思いますが、雰囲気代ということで。
e0022971_1210463.jpg

昨日はこのカフェから出発して、
鼓楼付近を歩いて回りました。
まだまだ続きをアップしますね。

「cafe sambal」
旧鼓楼大街
豆腐池胡同43号
[PR]
by anmimi | 2010-08-01 12:02 | カフェ巡り
<< お洒落ストリート「南鑼鼓巷」 ありゃ?(北京より) >>