琉璃廠
昨日の天気予報では最低気温が16度!
慌ててショッピングエリア「西単」(北京の渋谷だそうです)に服を買いに行きました。
中でも一番斬新なデザインのビル「大悦城」には、ZARA、H&M、MUJI、ユニクロ等々が入っていて、日本と同じ感覚で買い物ができます。
レジで横にいた女の子の財布がちらっと見えて、100元札が1センチくらいの分厚さで入っていたのにはビックリ!
皆さんこれだけリッチになっているんだから、人民元も早く1000元札を発行しないと不便ですねぇ。
e0022971_13411645.jpg

さて。
西単へ行く前に、一番近い観光地「琉璃廠」に行ってみました。
ここは骨董品や文房四宝と言われる筆・硯・紙・墨の専門店や書店が軒を並べる通りですが、昔ながらの雰囲気なので観光地となっています。
e0022971_13415894.jpg

どのお店も商店とは思えぬ立派な造り。
e0022971_13461641.jpg

私が一番惹かれたのは筆屋さん!
これ全部すごい大きさの筆ですよ。ちょっとしたホウキくらいあります。
仙人みたいな書道家が、エイヤーって畳一畳分くらい書きなぐるときに使うんでしょうね。
e0022971_13423891.jpg

骨董品屋のほうはアジア各国の怪しい置物が満載で、欧米人の観光客は興味津々のようでした。
軒先に九官鳥や文鳥を飼ってるお店が多いのも風情があります。
e0022971_13441142.jpg

そして更なるオールドチャイナを発見。籠の中にはコオロギです。
[PR]
by anmimi | 2010-08-08 13:51 | 北京に住んでみた
<< パンダ 北京大学 >>