前門大街
今日は、「大柵欄」のすぐ隣にある「前門大街」をご紹介。
e0022971_2142531.jpg

まず、前門というのはこれ。別名「正陽門」。中も見学できるみたいです。
e0022971_214351100.jpg

で、前門大街というのが、清の時代に皇族たちが買い物をした商店街だったらしいのですが、
ここ2、3年でオシャレにリニューアルしたらしく、目下ワタクシ御用達のショッピングストリート。
今どきのテナントが、こういう伝統建築に入っているというのが私のツボ。
H&Mの北京1号店もここにあります。
e0022971_21444896.jpg

右上から時計回りに、ユニクロ、スタバ、スウォッチ、ZARAです。
e0022971_21461696.jpg

そして、前門付近といえば有名な「老舎茶館」もあります。
ここって実は私の中では北京の代名詞。
大学で初めて触れた中国文学が「老舎」で、その印象が強烈だったからだと思います。
だから今回も北京に来たら絶対行かなきゃ!と思ってました。
でも京劇なんかの上演時間にはまだ早かったので、
とりあえず、となりの食事エリアに入って、麺を食べてみました。
e0022971_214732.jpg

麺とあんかけ風(海鮮+キノコ)のスープが別々で出てきたのですが、どうやって食べるべきだったのか・・・
結局、つけ麺風にして食べちゃいましたが、とっても美味しかったです。
e0022971_21475325.jpg

食べていると、なんと影絵の劇が始まりました!
東郭さんという慈悲深い男性が、悪さをして役人に追われている狼をかくまってあげたのに、
狼は恩を忘れて東郭さんを食べようとしたので偉い人に懲らしめられました、というお話。
台詞回しが京劇風だったのであんまり聞き取れなかったのですが、思いがけず老北京の芸能が見られて嬉しかったです。
京劇も見に行きたいなぁ・・・
[PR]
by anmimi | 2010-09-06 21:54 | 北京に住んでみた
<< 王府井 万里の長城 >>