北京で京劇
北京にいる時から抱えていた翻訳の仕事がやっと一段落したので、
久々にまったりしております。
ということで北京ネタをば。
e0022971_1115328.jpg

今年は積年の夢、京劇鑑賞を果たしました!
中国に関わってウン十年、情けないことに一度もナマで見たことがなかったのです。
といってもフルバージョンで見たわけではないんですけどね。

北京には大小いくつも劇場があり、ほぼ毎日色んな演目が上映されているようです。
ウィーンでクラシックコンサートに行くように、
ニューヨークでミュージカルを見るかジャズを聴くかのように、
地元の人にとっても観光客にとっても欠かせない娯楽なのですね。

私たちが行ったのは湖広会館という、演芸場のようなところ。
ほぼ観光客専用で、ガイダンスの貸し出しもあるので初心者にはぴったり。
e0022971_1111346.jpg

行ったその日の演目は、なんと!
私が京劇を好きになったきっかけである「覇王別姫」!!
言わずと知れた、故・レスリーチャン主演映画の題材にもなったストーリーです。
狭い劇場でしかも夕方早めにチケットを買ったので(スタートは夜7時)、
一番前のど真ん中でかぶりつき。
振り回される剣なんかが飛んでくるかと思うくらいの迫力で、
衣装の細部まで見れて感激!
e0022971_11143610.jpg

もう1つの演目はお猿さんが出てくるアクションもの。
軽快でアクロバティックな動作がすごい!ついでに雑技団を見に行ったくらいの価値がありました。
e0022971_111535.jpg

湖広会館は建物自体が伝統建築でとってもステキ。
お茶をできるスペースもあります。
茶器類も売ってます。
e0022971_11164120.jpg

e0022971_11172533.jpg

[PR]
by anmimi | 2011-07-24 11:17 | 北京に住んでみた
<< 日本海が一望できるカフェ またまたお知らせ >>