中国人との交流
e0022971_532882.jpg
外国人にとても親切でフレンドリーな台湾人に慣れきってしまっている私。それに今となっては言葉の問題?もあるし・・・色んな意味でのカルチャーショックは覚悟しておりました。
最初のショックはいきなり飛行機で。「面,行吗?」と聞かれた時に一瞬反応できず。「行」って、台湾南部では疑問形で使わないので。もうどう差し引いても台湾国語しか喋ってない自分にあわわ、となりつつ、相手の普通話にもいちいち違和感感じつつ。でもサービスは良くなってるし、中国人変わったな、って思います。服屋さんのレジで並んでいる時に、「まとめて買うと3割引になるから、一緒に買うことにしてもいい?」って言ってきたカップルさんもめちゃ可愛らしくてサワヤカな気分になったし。ある意味とってもフレンドリーです。
e0022971_573934.jpg
ところが。果然。最終日に最悪のサービスに遭遇してしまいました。そのタクシー、道の名前と番地を教えてるのに「番地言われてもわからん」の一点張り。しょうがないので「たぶん○○路との交差点付近」と言ったのですが、一本違ってたからってなんと私を責めてきた!「そっちはプロでしょっ、こっちは旅行者なのにそこまで詳しいわけないし!自分上海人じゃないのっ?!」私も攻撃。番地なんて左右の番号どっちが大きいか見れば進む方向は分かるでしょうが。結局口論を続けながら一触即発ムードの中、ぐるぐる付近を回りまわってやっと目的地に到着。くー、最後に洗礼受けてしまった、だからタクシー乗るより歩いた方がマシなんだ、だからこの国は嫌なんだようっ!とムカムカしながら降りようとした時、運転手から思いもよらない言葉が。「不好意思~(ニコッ)」。中国人、確実に進化してるようです。
e0022971_512525.jpg
[PR]
by anmimi | 2006-01-02 06:00 | チャイナ全域
<< 上海~享受編~ 租界時代の建物 >>