東港でマグロ三昧!
5月。生魚好きにはたまらん季節がやってきました。台湾一有名な漁港、屏東は東港のマグロ祭りです!
私、東港自体は行くのも3回目なのですが、マグロのシーズンまっただ中に行くのはなんやかんやで初めてなのです。
やっとやっと本場で食します、揚がったばかりの「黒鮪魚」。
ちなみに写真は観光市場でごろん、と放り出されていたマグロ。
実は日本でも見たことなかったので写真撮りまくりです。
e0022971_2230178.jpg
今回は失敗が許されないということでレストランも入念にチェック。
小さな町ながらマグロを扱うお店があちこちあるので迷ったのですが、結局バス停から歩いてすぐの「阿仁餐廳」に入りました。料理は単品で注文。
e0022971_2230468.jpg
まずこちらは東港三大名物の1つ、桜エビを使った炒飯。ここでしか食べれませんね。エビがすごい透き通っていて見た目もきれいなのです。







e0022971_2231134.jpg

これは脊髄のスープ。薬膳風味でクコの実も入ってるし、めちゃヘルシーです。ストローでちゅるるん。
ちなみに脊髄は市場でもまだぷるぷるしたのが売ってました。


マグロの刺身は赤身300元~大トロ1500元まで、5段階(7切れくらいで)。私たちは1200元の中トロと赤身を選択。
他に尾っぽ付近のゼラチン質の陶板焼と、あと超でっかいカマ焼き2つ、まぐろ春巻きというレパートリーで、ビールを飲んで5人で1万円ちょっと。お刺身は決して安くない、というかかなり高級なお値段なので、嬉しがって注文するのは外人くらいでしょうねぇ。
色んな部位を色んな調理法で食べられて、なかなか盛り上がりました。

今回は華僑市場の奥にある卸売市場もマグロのたたき売り会場になっていました。どの店先にも大トロ、中トロ、赤身、とまるで巨大な牛肉みたいに陳列されてます。
e0022971_22315890.jpg

そして、私たちもついに、清水の舞台から飛び降りたつもりで大トロの切り身を大人買い!400gくらいのを1500元(5000円位)にまけてもらいました。そして一人2切れずつ。ナマモノ命の私ですが、実はマグロは一番興味ない魚なので(笑)、こんなトロも初めて食べました。でもやっぱり美味。濃厚でございます。まったりとじゅわっと甘かったです。
e0022971_22324778.jpg

[PR]
by anmimi | 2006-05-22 23:12 | 台南・屏東あたり
<< 白河と華山の花写真 麗江写真いろいろ >>