黄山の高級茶
もうちょっと黄山の写真です。
e0022971_21471266.jpg
途中こーんな変わった岩もあったりして。
有名スポットの「飛来石」は、こういうのが崖の先にちょこんと乗ってるらしいです。
e0022971_2146612.jpg
黄山には3つロープウェイがありまして、一番高いのは時間がなくて乗れなかったのですが、あとの2つは乗りました。
こちらは帰りの下り。かなり岩肌のすれすれを通っているのですが、横風が強くて、崖にぶち当たるんじゃないかと思いました。
e0022971_21442671.jpg

で、ふもとに下りた頃にちょうど晴れてきて、山もすっきり見えてきました。
世界地質公園なんてあるんですねえ。
e0022971_21482234.jpg



黄山の付近はお茶も有名なので、試飲会にも行きました。
世界三大紅茶の「祁門(キーマン)」も安徽省が産地なんですよー。
で、これが紹介された中で一番上等と言われたお茶、「霧茶」。
能書きは忘れちゃいましたが、
ものすごく甘味があって飲んだことのないおいしさだったので、
瞬間的に「買いますっ!」と言ってしまいました。
が、焦った脳みそが換算していたのは台湾ドル…。
180gで250元。「900円やん」と思ったらトンデモナイ。人民元なので3750円ですがな。
皆さん、今度小分けさせていただきます(笑)
何十回と淹れられるそうなので。ほんとに美味しいです。
でもこの湿った台湾の地で保存していると、味が変わっていくかも・・・
[PR]
by anmimi | 2007-05-23 22:14 | チャイナ全域
<< パニ!パニ! マンゴーあります >>