アントワープ
e0022971_16413361.jpg





またヨーロッパ編に戻ります。
ベルギーでは第2の都市アントワープにも行きました。
ブリュッセルから電車で40分くらい、余裕で日帰り可能です。
で、アントワープはいきなり駅がすごい!
ホームは地下3階くらいまで吹き抜けで、モダンな流行発信地らしいデザイン。
でも中央出口(?)側はかなり歴史的な建物のようで、新と旧の融合がいい感じです。
外に出るとこんな感じ。駅のすぐ横に動物園があるからか、木製の象さんもいます。
で、トラムに乗って中心地のマルクト広場へ。













e0022971_16425478.jpg

アントワープと言えばノートルダム大聖堂。フランドル地方最大のゴシック建築の大聖堂。1352年に建築が始まって、完成まで169年かかったんだそうです。
別に大したことないだろうと思っていたのですが、実際見ると思わず口がポカン。塔のてっぺん近くを流れる雲を見ているとクラクラします。
高さ123mの北塔は街のどこからでも見えていて、鐘楼の音も街中に響いています。
「フランダースの犬」でネロが見たかったルーベンスの絵はこの聖堂の中。
ネロとパトラッシュが寄り添い合って天使に召されるあのラストシーンを思い出しては涙ぐむ私でした。


アントワープって特に見どころもないだろうと思っていたのですが、
実はいろいろあります。
e0022971_16222025.jpg
左は13世紀の要塞だった建物。今は海洋博物館です。
e0022971_1623570.jpg

右は16世紀のギルドハウス(精肉業者の組合事務所)。こちらも今は楽器博物館。


e0022971_162487.jpg

大聖堂を中心にネロが毎日牛乳を運んで歩いたという「Melkmarkt」の辺りはカフェがたくさん。ここでもまたワッフルとビールで休憩しました。
中央駅へ延びる歩行者天国のメール通りも広くて、両端には立派な建物に入ったヨーロッパブランドの服屋さんがズラリ。なかなか楽しい街でした。
[PR]
by anmimi | 2007-09-15 16:56 | Europe!
<< 夜のグランプラス ちょっとブレイク >>