カテゴリ:Europe!( 36 )
ヨーロッパカフェ巡り
ヨーロッパでは晩ご飯をあんまり食べていなかった、みたいに書きましたが、
実はというと、毎日午後になるとカフェに入ってうだうだ食べていたので、
単にお腹が空かなかったというのもあるかもしれませんねー。

どの都市もカフェは星の数ほどありますが、
やはり創業ウン百年とかの老舗カフェが好きな私。
e0022971_12254532.jpg

こちらはウィーンでザッハトルテを食べた「シュペルル」。
1880年創業。
とってもいい雰囲気なんですが、まあ見事にほぼ満席です。
ヨーロッパって、70代80代のお年寄りもカフェでお茶してるって点が日本と一番違うところですよね。
e0022971_12262623.jpg

こちらはかつてフランツ・ヨーゼフ1世と皇妃シシィも通ったという「デーメル」。
シャンデリアが綺麗でしょ。
ウィーンでは室内にあるカフェばかり入りましたね。
お天気が不安定だったというのもあるんですが、歴史あるカフェほど室内のみですよね。
オープンカフェって現代になってから広がったものなんですかね。
e0022971_11275286.jpg

変わってこちらはフィレンツェ。
創業1733年の「カフェ・ジリ」からの眺めです。
私は共和国広場に面したオープンカフェに座ったんですが、
店内では皆さんカウンターに立って、ちょっとスイーツつまみながらエスプレッソを立呑みしてるんですよ。
イタリアでは駅でもカフェでも、カウンターでエスプレッソ立呑みの人が多いですよね。
私はやっぱり座りたい・・・
e0022971_12275473.jpg

私はカプチーノしか飲めないんですが、
ラテ・アートを施してあるところはここくらいでした。
とにかくメニューが高価だったので、後ろにぼやんと写っているクッキーだけ頼んだんですが、
1枚100円くらいしましたよ。
e0022971_11172672.jpg

ランチを食べたカフェもあります。
こちらはプラハの「カフェ・インペリアル」で頼んだ「グラーシュ」というシチュー。
アールヌーヴォーの建物は1914年のもの。
まろやかで美味しかった。でっかい肉片も意外と食べきれました。
白いのはチェコの蒸しパンです。モチモチで美味しいんですよ。
e0022971_11182314.jpg

こちらも同じくプラハの「カフェ・エヴロパ」で食べたチェコ風クレープ。
こちらのカフェも100年以上の歴史だそうです。
100年前ってどんなメニューがあったのかなー。
[PR]
by anmimi | 2010-05-29 11:33 | Europe!
パワースポット@バルセロナ
バルセロナで見たガウディ建築の写真があまりに多いので再登場です。
e0022971_14522111.jpg

カザ・ミラ(上段左から2番目)の造形は、ガウディがカタルーニャ地方の宗教の中心地である「モンセラット」という場所の奇岩にインスパイアされて設計したんですって。
e0022971_14473472.jpg

で、その奇岩を私も見てきました。
わたくし自称「岩山萌え」なので、もともと行こうとは思っていたのですが、
ここは聖地なわけで、これはまさに、今大流行りのパワースポット巡りというわけです。

カタルーニャ鉄道という郊外行きの電車で行けるので、バルセロナからの日帰り遠足には最適です。
聖地マニアな方も多いと思いますので、我がブログには珍しくお役立ち情報を以下に…。

①カタルーニャ線はバルセロナ市内のエスパーニャ駅から発車。地下鉄で行けば簡単に乗り継ぎできるように見えますが、スペイン広場にいくつかある地下鉄入口のうち、決まった入口としか連絡通路がつながってませんのでご注意。(たぶんプラザホテルのある側の入口)。
私も連絡通路を探してオタオタしていたところ、親切なお兄さんが教えてくれました。
②エスパーニャ駅の券売機では「モンセラット行きチケット」というのがタッチパネルに表示されます。それだけ行く人が多いってことですね。フニクラ(登山電車)で登るルートか、ロープウェイで登るルートかを選びます。往復きっぷを買ったほうがオトクです。
③フニクラルートかロープウェイルートかによって下車駅が異なるので注意。
④下山した後、帰りの電車に乗る場合。線路は単線なのでプラットホームは片側しか使用されていません。
他の人が待ってる側で待ちましょう。ロープウェイで下山した場合は、怪しい露天カフェから音楽が聞こえる側です。
⑤バルセロナへ戻る電車は、途中駅止まりのものもあるので注意。たぶんどれでもバルセロナ行きに連絡してるとは思いますが。
私の時も、周りも誰もわかっておらず、最後まで「これで合ってるのかな!?」とお互い顔を見合わせてました(笑)
e0022971_14375886.jpg

ロープウェイで降り立った途端、どどーんとこんな岩山がそびえています。
標高1200mくらいで、この奇岩自体もそう高くはないはずですが、妙な圧迫感がありますね。
e0022971_14385244.jpg

上から外界を見下ろすと、ナイスビューです。
足を踏み外したら真っ逆さま的なところも多いので、高いところが好きな人には楽しいと思います。
更に上へ登れるフニクラもありますが、すごく時間がかかりそうだったので(2時間とか)、下山が間に合わなかったら怖いので登りませんでした。
e0022971_1440435.jpg

手前の建物は美術館とか、お土産物屋さんとかです。
奥の方にはカタルーニャの守護マリア像が安置されている教会もあります。
食事ができる学食みたいなカフェテリアもありますが、すごく高いので、
自分で何か持っていって、見晴らしのいいところで食べるのがいいかもですね。
[PR]
by anmimi | 2010-05-27 14:40 | Europe!
ヨーロッパで食べたもの
ヨーロッパと言えば美味しいもの満載なのに、
すっかりご報告を忘れておりました。

でも実はそんなに毎日美味しいモノを食い倒れ!というほどでもなかったんですよ。
一人で外食はめちゃくちゃ高くつくし、それにパスタだの何だの好きなように食べてるとカロリーも怖かったので・・・
お店に入ってきちんと食べるのは1日1回くらいと決めて、
夜はスーパーでサラダや生ハム、チーズにフルーツ等等、好きなものだけ買ってホテルで食べた日も多かったんですよ。
e0022971_19492411.jpg

ヨーロッパで感動するものと言えばムール貝。
日本で食べるとパサパサなイメージですが、あっちではとってもジューシーなんですよー。
昔行ったベルギーの生ムール貝も最高でした。
写真はヴェネツィアで食べたもの。
パスタだと思って頼んだらムール貝のみでした(汗)でも十分満足。
ニースのカフェで頼んだスパゲティ・ボンゴレは、アサリの他にムール貝もいっぱい載っててビックリでした。
e0022971_19503119.jpg

こちらはニースに着いた日の夜、オシャレなお店に入って食べた海鮮パスタ。
量がハンパなく多かった!
この日は長旅も終盤に入って、最終目的地までもう少しのところまで無事来られたということで、
達成感と解放感を感じて、一人なのにワインも飲んでいい気分になっちゃった日です。
e0022971_19464088.jpg

一番高くついたのはバルセロナのバルですかねー。
「ミケル・エチャ」というバル(たぶん有名)に2回も行ったのですが、食べたいピンチョスをいくつか頼んで、サングリアを飲んだら、あっという間に3000円分位いってました・・・
ピンチョスが一個3ユーロとかしたみたいで。
後日、適当に他のお店に入ったら、1つ1ユーロのものもありました。
お店によって値段はまちまちみたいですね。
でも折角スペインに来たら少々高かろうが、一人であろうが、食べなきゃ損です。
カウンターにズラリと並ぶカラフルなピンチョスを見たら我慢なんてムリです!
e0022971_19443884.jpg

これは2種類のタパスを半分ずつ入れてもらったもの。
タパスは「一皿いくら」っていう注文になるので、一人で行くと辛いです・・・
e0022971_19453913.jpg

この白いのはイイダコかな?美味しかった♪
[PR]
by anmimi | 2010-05-24 19:53 | Europe!
グエル公園@バルセロナ
e0022971_1071981.jpg

またヨーロッパに戻ります。

バルセロナ初日、いの一番に見に向かったのは「グエル公園」。ガウディが設計したユニークな公園です。
雲ひとつない青空の下で見たい!と思っていたのが叶いました。
地下鉄の駅からはかなり歩くのですが、頑張って行く価値はあります。

有名なのは正面入口の可愛い建物や、カラフルなタイルが貼られた波型のベンチです。
e0022971_94757100.jpg

カラフルベンチは広場をぐるっと囲んで並んでいるのですが、どこも人・人・人・。
座れる場所なんてありませんでした。
e0022971_949348.jpg

とにかく随所にカラフルなタイルがデザインされていて、
特にこういうブルーは目が覚めるような鮮やかさです。
e0022971_954574.jpg


あまりに写真を撮りすぎたので、コラージュにしてみました。
e0022971_10374768.jpg

[PR]
by anmimi | 2010-05-23 09:58 | Europe!
フィレンツェ回想
台湾ネタにすると、皆さんの反応がいいですね(笑)
見てくださってる方は台湾が好きだったり、中華圏に関わってる方が多いから当然なんですが。
なのに最近ヨーロッパネタばっかりですみません。

でも私の周りって最近、ちょっとヨーロッパシフト気味なんですよ。
長年中華圏に関わってきた人が多いんですが、
もういい加減飽きてきて、これからはヨーロッパの時代だ!という人が増えてきました。
世界の潮流には逆行してる感じですが、いいんだい。

では今日はフィレンツェ回想。

迷路のような小道と運河が続くヴェネツィアから来ると、
普通に大きな道路があって、大きなゴシック建築が聳えるフィレンツェに来たらなんかホッとしました。
とにかく道が分かりやすいのが良い。
天気が良かったのも、フィレンツェの印象が良くなった理由かな。
高い建物を見上げると太陽に目がくらむほど。

e0022971_13531347.jpg

サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂、通称ドゥオモ。
e0022971_1354040.jpg

細長いのは鐘楼です。
ドウオモとつながってるんですけど、大きすぎて一つの画面に入らないんです…
写真の下のほうをよく見ていただくと、観光客の日傘なんかが見えます。
e0022971_1355149.jpg

シニョーリア広場にあるダビデ像。これは本物ではなくて、本物はアカデミア美術館にあります。
青い空に肉体美が映えるでしょ?
真正面からだと申し訳ないので、斜め後ろ攻めてみました。

e0022971_13561478.jpg

2日目は市内の見所を廻ってくれる2階建てバスで郊外まで行きました。
22ユーロもするので高すぎるなーと思ったんですが、
2つのコースを好きなだけ回れて、しかもかなり郊外のほうまで行けるのでお薦めです。
高台にあるミケランジェロ広場からフィレンツェ市内を望む。
e0022971_13571625.jpg

フィレンツェにはアルノ川という大きな川が流れていて、有名な橋もかかっているのですが、
夕暮れ時がとってもキレイでしたね。
この川は過去に大氾濫したことがあって、多くの美術品も水に浸かってしまったそうです。
でもやっぱり大きな川がある街は絵になりますよね。
[PR]
by anmimi | 2010-05-14 14:01 | Europe!
カラフルマーケット
バルセロナの賑やかな繁華街ランブラス通りに、「サン・ジョセップ市場」という大きな生鮮マーケットがあります。
すっかり観光地化しているようで、観光客でいつもギュウギュウ!
みんな写真を撮りまくっているので、遠慮なくカメラを向けられるのが嬉しいんですが。
e0022971_21164131.jpg

これが、冷やかしのつもりで入ってもついつい買いたくなってしまう品揃えなのです。
まず入り口にハム屋さん。
生ハムの大きな塊が数十ユーロで並んでいますが、薄切りパックも5ユーロくらいからあります。
日本に持って帰れるならたくさん買うんですけどねぇ…
e0022971_21154661.jpg

スイーツ屋さん!
スペインのチョコってどんな味なんだろう?人だかりがすごくて試食もできないくらい。
チョコレートもこれだけ並んでると壮観ですねぇ。
e0022971_21272427.jpg

しかしなんと言っても圧巻はフルーツ!!
あまりにカラフルな品揃えに目がクラクラ。
e0022971_21262036.jpg

何が感動したかというと、フルーツのお値段。
バルセロナに着くまでの各都市でマーケットも行きましたし、夜はスーパーのフルーツを買って食べていたのですが、どこもすごく高かったんです。
パックに入ったカットフルーツが4ユーロくらいとか。
でもここは1ユーロ、2ユーロのパックがいっぱい!!
e0022971_21184764.jpg

一番ビックリしたのはフランボワーズ(木いちご)。
日本ではなかなか食べられないのでずっと買いたいと思っていたのですが、
他の都市では1パック3ユーロとか4ユーロするので手が出ず。
ところがここでは1ユーロで売っているお店を発見!即買いでした。
e0022971_21213747.jpg

フレッシュジュースもこの通りズラリ!
よく売れるのか、もう作って並べてあります。
これも1ユーロですよ。
ヨーロッパならではのミックス味もあって、垂涎もの。
e0022971_2117421.jpg

このマーケットに来るためにまたバルセロナに来たいっ!って思ったくらいすごかったです。
[PR]
by anmimi | 2010-05-08 21:22 | Europe!
エズ村
今回フランスはニースに滞在したのですが、
実は「鷲の巣村」と呼ばれているエズ(Eze)に行くのが一番の目的でした。

ニースのバス乗り場に行くと、あっという間に人が集まってきて大きなバスがすぐ満員。すごい人気スポットなんですね。
バスは1ユーロで、30分くらい乗ってたでしょうか。
どんどん山のほうに登っていき、地中海が見渡せる高度まで行くと、山の上にある集落が見えてきます。
e0022971_23202677.jpg

標高が470mくらいのこんもりした山の上に石の家がひしめき合っていて、村の四方はこういう壁で囲まれています。壁の下は崖で、海が見えます。
あ、写真にぼんやり写っているのは、隣の山です。手前の壁がエズ村の境界です。

e0022971_23242081.jpg

こういう雰囲気です。私、石の家でできた村にすごく惹かれるんですよねぇ。台湾馬祖の芹壁村も良かったし。
でも実際住むのはやっぱり木の家が一番ですけどね(笑)
e0022971_23252387.jpg

基本的にはずっと石段を上ったり下りたり。狭い道が村じゅうに張り巡らされてます。
迷子になるのでは!?と最初は思ったのですが、実は狭い範囲なので、とりあえず下っていけば、入り口に戻れます。

e0022971_23215170.jpg

ただ石を積み上げてるだけなら無機質なんでしょうけど、そこここに花や植物が植えてあるのがまた妙に雰囲気出るんですよねー。

e0022971_2323231.jpg

石の家はほとんどが雑貨やアート品のショップやレストラン、ホテル等になっています。

e0022971_0104221.jpg

私が行ったときは日本人観光客は全然いなくて、欧米人ばかりだったんですが、
こんな坂道のところに、ベビーカー持参で来てる家族連れや、杖をついて足を引きずっているお年寄りの多いこと!
欧米人ってパワフルですよねぇ。
[PR]
by anmimi | 2010-05-05 23:16 | Europe!
バルセロナより
ゴールのバルセロナに着いてます!
今回3週間に及んだ旅も、あと明日1日を残すのみとなりました。
ここまでケガも病気もなく、下痢も便秘もせず(笑)、泥棒にも合わず、ここまで来れました。

さて、ニース最終日は雨だったのですが、
飛行機でギューーンと1時間弱飛びますと、バルセロナは思いっきり快晴です!
ほんとに空が青い。私のイメージしていたスペインそのものです。
e0022971_456614.jpg

今回の目的はもちろんガウディの建築を見て回ること。
まずはカザ・ミラ。世界遺産ですよ~。
e0022971_458416.jpg

中に入ると屋上でこれらのオブジェが見られます。
入場券は10ユーロもしますけど。
青空に映えるでしょ?
e0022971_4584584.jpg

そしてサグラダ・ファミリア。一部しか写ってないのでイメージより短く見えますけど…
e0022971_4591356.jpg

全体を写すと、こんな風にまだまだ工事中…

これくらいの高さの大聖堂って他の国にもあると思うんですけど、
やっぱり相当造りが凝ってるんですかねぇ、建設にそんなに時間がかかるって。
確かに細部を見るとかなり個性的ではあります。
e0022971_4594759.jpg

あと、ミロのオブジェ!かなり大きいんですよこれ。
なんか、太陽の塔を思い出しちゃいました…
ほんと、バルセロナってこの人たちがいなかったら、今ごろ街のイメージが全然違ってたでしょうね。
[PR]
by anmimi | 2010-04-26 05:04 | Europe!
ニース空港より
今ニースのコートダジュール空港です。
現地時間は夜22時半。
今日はこれから23時半の飛行機に乗ってバルセロナに移動します。
この時間帯のフライトだから、格安航空会社の安いチケットがあったのです。

これが最終移動!
でもやっぱり鉄道のほうが断然快適ですね。
ここニースは大きくないので、空港も市内からバスで30分あれば着きますけど、
やっぱり早めに来ないといけないし、面倒くさいですね。
電車なら、10分前にホームに行ってれば間に合いますから。
しかも今回はどこの都市でも駅のすぐ近くにホテルを取ったので、
朝8時代の電車でもゆっくりチェックアウトすることができて楽でした。
ヨーロッパは列車の旅が断然オススメです!!
[PR]
by anmimi | 2010-04-24 05:46 | Europe!
ジェノバ回想
今日はニース、雨です・・・

普段は傘とか忘れがちなタイプなんですが、今回の旅は持ってきて良かったです。
ウィーンでも使ったし…でもそれ以来かな??
4月のヨーロッパにしてはお天気に恵まれたほうみたいです。

e0022971_17373970.jpg

ニースに入る前に一泊したジェノバですが。
想像以上にきれいな街でした。やっぱり港町はいいですよね。
山の手に家も一杯建っていて、街中にはトンネルも多く、フニクラ(登山鉄道)も街中から乗れるみたいなんですが、
まだ冬季閉鎖中で、なんと私が行った翌日にオープンするとのことでした。残念。
やっぱりヨーロッパはもうちょっと夏になってからじゃないと、色々乗り物が動いてません。

フィレンツェからジェノバに北上するとき、まずピサの斜塔のピサを通過するんですが、
それは興味がなくて途中下車はしませんでした。
でも、その次のポイントが重要で、世界遺産のチンクエ・テッレですね。
ここは前から行ってみたいなーと思っていて。
一旦荷物をジェノバに置いて、ジェノバからまた普通電車で南下するかぁ、と考えていたのですが、
普通電車だと2時間かかるから、もっと近くの似たような綺麗なところを見に行ったら?
とホテルのお姉さんが教えてくれたのでそうしました。

e0022971_17382361.jpg

それはCAMOGLI(カモグリ)という港町です。
ジェノバから電車で40分くらい。
まあそりゃあ、チンクエ・テッレには負けるでしょうけど、
ここもなかなかに綺麗でした!
e0022971_17405786.jpg

こういう建物ってジェノバ風っていうのかな?
カラフルで結構真四角。
e0022971_17413434.jpg

海もきれいでした。
このへんはカプチーノも安い!1.5ユーロとかです。
[PR]
by anmimi | 2010-04-23 17:45 | Europe!