カテゴリ:台中あたり( 14 )
白河と華山の花写真
e0022971_22164010.jpg
白河と言えば、蓮の花で有名なところ。台南縣の一番北の端っこです。白河地区に行くと、あちこちに蓮池があって、みんな車を止めては写真を撮っています。7月頃が季節らしいので、ちょっと早かったみたいです。睡蓮の花もあって、色とりどりたくさん咲いていました。

e0022971_2217751.jpg






で、結局蓮の花の写真はないんですが(笑)

その後、珈琲の産地として有名な雲林縣古坑鄉の華山へ行きました。カフェイン中毒者としては一度来たかったところなのです。前回劍湖山という遊園地へ行った時、看板が見えていたのでついでに行きたいな~と思いつつ帰ってしまったのですが、タクシーなんかで行かなくてよかった!カフェが林立しているという地区は実はすごい山の奥でした。
e0022971_221875.jpg

今回連れて行ってもらったのは「微風山林」という庭園のあるカフェ。広い庭には色んな花が咲き乱れていて建物も良い雰囲気で、下界の景色も一望できるし、なかなか良いところでした。まあこんなところでも台湾人は鍋を食べるわけですが(笑)食後のアイスコーヒーもなかなか、さすがに珈琲の産地だけあってちゃんとコーヒーの味がしていました。
e0022971_2252959.jpg

e0022971_22184470.jpg

[PR]
by anmimi | 2006-05-29 22:39 | 台中あたり
今度は台中の遊園地
e0022971_22295796.jpg
何故か2週連続で遊園地。今度は台中にある「月眉育楽世界」です。台中より少し北の豐原駅まで特急自強號で2時間。降りると駅前に大きなバスターミナルがあり、豐原客運の大甲行きに乗ります。街中の商店街の細い道を通って約30分。駐車場を抜けてゲートの真ん前まで行ってくれます。
ここは先週の「劍湖山世界」よりもっと広々した感じで、いかにもテーマパークという造り。絶叫マシーンはあまりないですが、子供や老人に人気がありそうな遊園地です。




e0022971_22281935.jpg

しかし来たからにはまずお目当ての絶叫マシーンへ。台湾で唯一という、途中でレールが途切れて真下に落ちていくジェットコースターです。写真のようにレールが途中で切れて、そのままゆっくり下に下がっていき、真っ逆さまになったまましばらく止まります。その間が一番怖いらしいです。遊園地マニアの友人もこれはさすがに面白かったと言ってました。やっと満足してもらえて連れてきた方としてはほっとした次第。


e0022971_22285371.jpg


次に急流下り。びっしょびしょになったけれど面白い!暑いから服もすぐ乾く。後ろに見えてる観覧車は超ミニ。完全にお子ちゃま用ですね。
昼過ぎにはパレードもあったみたいだし、カップルよりは町内会や老人会の旅行っていう感じのグループが目立つ、ほのぼのした遊園地でした。入場料は700元。遊園地はどこも結構なお値段するものです。
[PR]
by anmimi | 2006-03-22 22:36 | 台中あたり
絶叫マシーン遊園地
e0022971_332990.jpg
ひさびさで遊園地に行ってきました。いくつかある台湾の遊園地では、南投縣の「九族文化村」だけ桜の咲く頃に行ったことがあるのですが、遊戯施設は乗らなかったので、今回が台湾での絶叫マシーン初体験とあいなりました。

場所は雲林縣の古坑にある「劍湖山世界」。まずは汽車で1時間ほど北上して斗六という駅まで行きます。そして駅裏のきたなーいバス停から遊園地行きのバスが出ています。これが強烈におんボロなバスで。こんな場所は普通マイカーで行くもので、路線バスに乗るなんて高校生カップルか道を知らない外人くらいしかいないんですけどね。

e0022971_341931.jpg
この遊園地はひまわりがテーマらしく、本物もあちこち咲いています。さすが南国です。そして台湾の良いところはどこに行っても日本みたいに何時間も並ばなくていいところ。チケット売り場では隣の人が安くで譲ってくれてすぐ入れたし、中に入っても「シーズンオフなの?」っていうくらいガラガラ。確かに昼間は暑くなったのですが、それでもまだ夏本番ではないし、遊園地日和な日曜だったんですけどねぇ。午後になるとどのマシーンもほとんど誰も並んでいない状態でした。

で、絶叫マシーンはというと、まず友人が直滑降におちていく「G5」というコースターへ。穴に向かって落ちていくのでさぞかし怖いだろーと思ってたのですが、遊園地マニアの友人にとってはなんてことはなかったようです。やっぱり日本のマシンに比べるとレベルは低いのかも。
私も付き合いで2つ乗りました。1つはうつぶせの状態でがっちり固定されてぐるぐるふわふわ廻るヤツ。これはほんとに空を飛んでるみたいで爽快です。
e0022971_3545972.jpg
あとはそんなに長くないジェットコースターと廻る系がいくつかとフリーフォールと観覧車くらい。観覧車は一周15分くらいの大きさ。マップに「嘔吐槽あり」(笑)のマークが付いているマシンはせいぜい6つか7つくらいのようでした。
全体的にはきれいに整備されてて気持ちのいい遊園地です。入場料は900元弱。でもどこもほとんど並ばずに乗れるので4時間くらいでもう充分回れます。
「古坑」といえば有名なコーヒーの産地なので、敷地内にも「珈琲博物館」なるものがあって、古坑咖啡が飲めます。でもどうせなら景色のいいカフェが立ち並ぶ華山地区でまったりしたかったのですが、時間の都合で今回は断念。あんな近くまで行っていてちょっともったいなかったかなー。
[PR]
by anmimi | 2006-03-18 03:26 | 台中あたり
賞梅
梅の花見に行ってきました。中部の南投県にある「風櫃斗」というところです。今日は台湾も寒気団が来ていて、広い梅園もすっぽり霧に包まれていました。
白梅はちょうど満開。背景も霧だし梅も白いしで、真っ白な世界でした。
e0022971_21404061.jpg

でも梅の下に菜の花もたくさん咲いてました。
e0022971_21411092.jpg

これは山桜。2、3本しかありませんでしたが。
e0022971_21202480.jpg

こちらは「粉紅梅」と書いてありました。
e0022971_21454841.jpg

ちょっと珍しい組み合わせ、ポインセチアと梅。台湾は山に行くと、ポインセチアの木があるんです。日本では鉢植えでしか見ないので、不思議な感じです。
e0022971_21413550.jpg

[PR]
by anmimi | 2006-01-07 21:50 | 台中あたり