<   2006年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧
台南燈會
e0022971_2343314.jpg
台湾では旧暦の1月15日に当たる「元宵節」に各地で様々なイベントが催されます。有名な平渓の「天燈」や鹽水の「烽炮」などの他、各都市で花火やランタンを使ったお祭があります。ということで、今日は台南燈會に行ってきました。今年は台南がメイン会場なのです。
e0022971_224234.jpg
台南は小さな街だから、と馬鹿にはできません。先々週の週末から始まって、入場者数はのべ450万人突破したとかなんとか。付近はパニックに近い渋滞で、タクシーでなんてとても入れません。シャトルバスは長蛇の列、会場に着いたら夜が明けてたりして・・・というような状態。ということで私はちゃっかり地元の友達にお願いして、久々にバイクの後ろに乗って向かいました。
バイクの後ろってほんとに気持ちいいー。台湾に来て初めて知った喜び。しかもメットかぶってなくても別に捕まらないし。しかし今日はさすがのバイクレーンも大渋滞で、私たちも見事前のバイクにおかまを掘ってしまいましたが、そこはみんな先を急いでる途中です、ちらりと見ただけでそのまんま前進あるのみです。
e0022971_2401240.jpg
イベント会場は台南随一の観光地(?)、安平にあります。市内から30分くらいかかって到着。
8時前に着いたのですが、ちょうど花火が上がりました。台湾では選挙だ~、寺のまつりだ~、と結構ちょくちょく花火があるんですが、あんまり間近で見る機会はないので感激でした。
で、今年は戌年ですので犬のオブジェ。同じ角度ばっかですが、色がビミョーに変化しております。
e0022971_2255459.jpg

これは願いごとを書いた提灯。幻想的です。願いごとを書いて飛ばすのは「天燈」が有名ですが、このあいだ火がついたままの空飛ぶ巨大提灯が中正空港に落下して、空港が火事になってしまいましたので、もう今後は禁止しようかという話になってるそうです。たしかに普通に路上で上げる打ち上げ花火といいい、蜂の子のように四方八方飛び散るロケット花火大会といい、台湾の伝統行事はどれも命知らずなものばかり。でも平渓の天燈は1回見てみたいので、私が見るまではもうちょっと続けて欲しいなぁと思います。
[PR]
by anmimi | 2006-02-26 02:49 | 台南・屏東あたり
台湾式処方
e0022971_2353675.jpg
最近風邪を引きまして、薬屋さんに行きました。コンタックでも買おうかな・・・と棚を見ていると、カウンターの中でおじさんが何やらゴソゴソ・・・なんと処方箋もないのに勝手に薬を処方してくれてました(笑)。毒々しい色のばっかり。しかも写真には写ってませんが、実はもう一つ派手な緑の錠剤が、なぜか3袋のうち1袋にだけ入っていました。これって入れ間違い??

台湾はこういうところかなりいい加減。コンタクトも病院に行かなくてもじゃんじゃん買えます。自分で棚から合う視力の箱を選んでレジに持って行くのです。とーっても便利!って喜んでたらダメだろう!!と思いつつ、結局毎回そうやって購入してしまうのでした(使い捨てレンズの話です)。
[PR]
by anmimi | 2006-02-24 23:55 | 台南に住んでた頃
4日目:小浜島
4日目、というか最終日なんですが、朝8時からまた張り切って船に乗ってしまいました。最後は近場ということで小浜島です。船に乗ってたのは私たちだけ。小浜島って人気ないのかなぁ。タクシーの人にも「何しに行ったの?」って言われたし。
船が進むにつれて朝日が差してきて、これは最後に素晴らしいグラデーションが見れるかも!と期待に胸膨らませ上陸。
結局毎日ちょこちょこレンタカーを借りたし(12時間以内で4000円くらいなので)、自転車にも乗ったので、ここではレンタルバイク!友達はなんと生まれて初めてだったみたいで、それが小浜島デビューとは・・・いい感じですね。

e0022971_2128445.jpg
まずは高台を目指します。小浜島で一番高い丘だったかな。階段が長くて大変ですが、到着すると↓の景色。最近小浜島は一部リゾート地になってるんですね。でも島のほとんどは果てしなく広がる草原に牛がいて、山羊がいて、そして海があるだけです。
原付で3時間あれば島一周廻れます。レンタル屋さんで詳しいマップをくれるのでその通りにぐるっと。でも肝心のちゅらさん展望台がなかなかたどり着けなかった。人んちの牛舎の前から入っていくんですね。和也の木もよく分かりませんでした・・・
途中で「観光客の行かないビーチ」を教えてもらって行きましたが、天気が曇ってきたのでそれほどでもなかったかなぁ。





e0022971_2128769.jpg

e0022971_21291956.jpg
集落にも行きました。お約束、「こはぐら家」。沖縄の家ってこの家の前の石の衝立(ヒンプンというらしい、中国語の屏風が起源)がどーんと完全シャットアウトですね。「石敢當」と同じく、こんな厚い壁があったらさすがの鬼も入れないわなぁ。
角にちょっとおしゃれなカフェがありまして、名前はなんだったかな、パッションフルーツのアイスというのを食べました。パッションフルーツは超好物なんですが、台湾ではアイスはないので珍しくて美味しかったです。e0022971_21294779.jpg
[PR]
by anmimi | 2006-02-20 21:34 | 島が好き
3日目:西表島
e0022971_211245.jpg
3日目は朝から西表島へ。2日目に行くつもりだったのですが、雨で帰りの船が出るかどうかわからないよ、と言われたので3日目にしました。竹富や小浜と違ってちょっと遠いので、便数も少ないのです。
西表島は北側と南側と二つ港がありますが、私たちは日本一のマングローブの森を見るため仲間川がある南側へ。港に着くと川下りのツアー会社のマイクロバスが待っています。適当にそのへんのバスに乗り込んで「ツアー何時にありますか?」と聞くと「この後すぐありますよ」。こういう行き当たりばったりでもOKな感じ、なんか中国を思い出します。朝いきなり駅前に行って、そのへんで呼び込みをしているマイクロバスに乗り込んで郊外のツアーへ、なんて昔の中国ではよくありました。





e0022971_21113679.jpg

で、歩いて3分くらいの船着き場に行き船に乗り込みます。最初は天気が悪かったのですが、だんだん晴れてきて青空が出てくると緑の森が太陽に照らされてキラキラし始めました。
マングローブ、台湾にもありますがちゃんと見に行ったことはありません。青々と茂るマングローブたちは生き生きとしてとてもきれい。普段は紅葉する針葉樹が一番美しいと思ってますが、年中ツルツルとした緑の葉を茂らせてる常緑樹も見とれてしまうほどの美しさがあるんですね。
そして次は車を借りて北へ。由布島を目指します。ここも団体さんの間を縫って順調に水牛車に乗り込めました。
e0022971_2116654.jpg
私たちが乗ったのは「まゆこちゃん」という牛。お兄さんは三線を手に「島唄」を唱ってくれました。めっちゃベタなんですけど、でも条件反射でホロリと来てしまうんですよね。特に沖縄の空の下で聞くとふわ~となってしまいます。2曲目はまゆこちゃんの応援ソング。「お年頃なのに朝から晩まで車を引かされて~有給休暇もとりにくい~」みたいな楽しい歌でした。
帰りの水牛車は「マリリン」号と写真のおばあちゃん。こちらも「唄やる?」と、伝統的な歌を2曲披露してくれました。行きも帰りも唄付きのやつに乗れてとってもラッキー。水牛のみんなは大変だけど、人間様にとってはなんとものどかで優雅なひとときなのでした。

由布島はほんとに小さな島。お土産屋さんとレストランのあるあの植物園だけが島の全部なのかな??でも西表島側から臨む海と空はとても大きくて、なんだか日本とは思えないダイナミックな風景でした。
e0022971_21124067.jpg

[PR]
by anmimi | 2006-02-16 21:26 | 島が好き
2日目:竹富島
e0022971_22545693.jpg

2日目も朝から雨。でも強引に島巡り決行。まずは手近なところから竹富島に行くことにしました。船で20分くらいと近いですから少々揺れても我慢できます。
この島はレンタサイクルでちょうどいいくらい。集落の中は歩いている人もたくさんいましたが、ビーチと、集落も端から端まで見ようと思うと自転車が気持ちいいです。ただ集落は道が砂なので走りにくいですけど。

有名な竹富の町並み。ハイビスカスやブーゲンビリアが咲いているのは台湾も同じなんですが、ここはちゃんと庭の花として手入れされているからか、きれいに沢山咲いているし、やっぱりこの石垣と一緒に見ると独特の雰囲気があります。
そしてやっぱりシーサー。
e0022971_2362112.jpg
e0022971_22572399.jpg
初日に行った工房にも大きなシーサーを買い付けに来ていたご夫婦がいましたが、屋根にどんなシーサーを置くかというのはこちらの人にとっては重要なことなんでしょうね。







あとはビーチ。CMでもよく使われているというきれいなビーチらしいんですが・・・雨でした。この島はとにかく猫がたくさんいて、ビーチ脇の休憩所にもきっと家族かな?猫たちが仲良く遊んでいました。人口3百数十人に対して猫は50数匹とか統計が書いてありました。のどかですねー。
e0022971_22553715.jpg

[PR]
by anmimi | 2006-02-10 23:29 | 島が好き
1日目:石垣島
今回の旅は3泊4日。午前便で行き、午後便で帰るゆったりスケジュール。でもってシーズンオフまっただ中。人が少ないのは嬉しいのですが、1年の中でも一番日照時間が少なく、雨が降って当たり前の時期。海に潜れるわけでもなく、じゃあ何しに行ったかというと、ただ本島以外の島々に行ってみたかっただけの旅なのでした。
気持ちの良い青空が広がる大阪から2時間半、石垣島は見事に雨でした。こんな日は海を見てもしょうがないということで、海の写真はありません・・・何して遊ぼう?と考えた挙げ句、車を借りてシーサー作りが体験できる工房へ行くことにしました。
海を臨む高台にある工房でご主人にシーサーの作り方を教えてもらいます。まずは体に足をつけておっきなクチをつけて。ここまでだと「オバQみたいでしょ」とご主人。あとは鼻、眉、目・・・難しい巻き毛なんかは頼むとくるくるっと作ってくれます。で、これが私と友人の作ったシーサー。
e0022971_23293937.jpge0022971_2330674.jpg
















同じ手本を見て作っても全然違うものになるんですよ。芸術的才能のなさを露呈してますねー。2時間たっぷりこねこね遊ばせてもらって2500円。プラス送料で家まで送ってもらえます。何度も沖縄に来てシーサーも買い尽くしたなぁ、という方は一度自作してみてはどうでしょう。
e0022971_23305658.jpg

夕食は工房のご主人に紹介してもらった焼き肉屋さんへ。石垣牛って有名なんですね。これは食べなきゃってことで行ってきました。石垣空港にはたくさんフリーペーパーが置いてあり、食事の場所も迷うのですが、ほんとに美味しいかどうかはやっぱり地元の人に聞くのが一番!
[PR]
by anmimi | 2006-02-07 23:38 | 島が好き
南の島に行っておりました
今年の春節は石垣島に行っておりました。台湾から日本に戻った翌日にまた台湾が見えそうなところまでUターン…。飛行機代が勿体ない気もしますが、しょうがないですね。写真はぼちぼちアップしていきますのでお楽しみに。
e0022971_2131134.jpg

[PR]
by anmimi | 2006-02-05 21:32 | 島が好き