<   2006年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧
麗江の犬
台湾の犬は公道を自由に闊歩していることで有名ですが、麗江の犬も同様。古城の中でもみんな好き勝手に散歩してます。大きな犬はほとんどいなくてちびっこいのばかりなので、犬嫌いの人でもハラハラするほどではないと思いますが、相当な数ウロウロしています。
e0022971_18345883.jpg

麗江の犬は特徴ありますね。ほとんどがこういう狆系。ちっちゃくて足が短くて、顔がちんくしゃです。古城では家畜に付ける鈴を売ってるお店が結構ありましたが、犬もつけてます。
e0022971_18353847.jpg

短い足で一生懸命走ってます。この辺りは中心街を外れて迷い込んでしまったところ。中心を流れている川から離れてしまうと、急に静かになるんです。
e0022971_18361050.jpg

あまりにも堂々と昼寝していて、踏まれそうになっている子もいました。1年中それほど暑くもならないし、犬も長生きできるでしょうね。
e0022971_18365115.jpg

店番をしている子もたくさんいました。この子は中国というよりちょっとロシアっぽい?
e0022971_18372139.jpg

[PR]
by anmimi | 2006-04-29 18:50 | チャイナ全域
麗江古城
で、これが麗江で一番有名な古城(古い町並み)です。提灯好きなので、提灯のある風景ばかり撮ってますが。写真は人通りの少ない通りを写していますが、基本的にこれくらい細い石畳の道がずーっと続いていて、両側にお店が軒を連ねています。想像よりかなり広いので、一軒一軒お店を覗いていたら1日かかるかもしれないし、ところどころにある案内板を見て、川に沿って歩かないと迷子になってしまいます。
e0022971_10391263.jpg

雰囲気的には提灯があって、坂があって、ということで台湾の九フンみたいですが、規模は全然違います。とっても広いし、同じく観光地化は激しいですが、やっぱり麗江のほうがかなり情緒があります。さすが世界遺産。
e0022971_1040797.jpg

町の中には川が流れ、柳が青々と揺れています。夕暮れ時になると店店の提灯に灯りがともり、それが水面に映り、幻想的な雰囲気になります。
昔からあるのは銀器や革製品、彫刻等のお店が多いのですが、もう町はかなり観光地化されていて、川沿いの良い場所は外人好きのするおしゃれなカフェやレストランやバーばかりです。
e0022971_21204540.jpg

そしてこれがお約束ショット。麗江古城の俯瞰図です。天気が悪くなってきて絵はがきのようには撮れませんでしたが。町の建物はほとんど四合院なんですが、全部バラバラの方向を向いているのに上手く収まっているのがすごいです。
e0022971_21213996.jpg

[PR]
by anmimi | 2006-04-23 21:28 | チャイナ全域
白沙壁画
水牛に乗った後、車で納西(ナシ)族の聖地というところに行きました。納西族の宗教は大乗仏教とかチベット仏教とか道教とか色々混ざってるらしいんですが、ここでいろんな儀式とかが行われるそうです。
納西族のおばあちゃんたちがいて、前を通ると踊りを踊ってくれました。麗江は気候が温暖で、夏も気温が28度を越えたことはなく、水と空気がきれいなので長寿の街なんだそうです。このおばあちゃんたちも軽やかに踊ってますが、ゆうに80はいってらっしゃるかと・・・。
e0022971_176114.jpg

その後、白沙という村に行き、有名な「白沙壁画」を見ました。白沙は麗江市内から北へ12キロほど、かつて麗江を取り仕切っていた豪族「木氏土司」の本拠地で、明や清の時代にはここが政治の中心だったという土地です。お寺の境内は桜やタンポポや色んな花が咲き乱れていましたが、この藤棚も見事でした。
肝心の壁画のほうは結構ボロボロなんですが、色んな仏様やお坊さんが集まって、説法が始まるのを待ってる図、とか、面白い絵です。
e0022971_177114.jpg

お寺の入り口に書かれていた「東巴文字」。1000年以上前から使われている納西族の象形文字です。聞いてはいましたが、実際見るとやっぱりかなり可愛いです。動作やモノがそのまんま表現されているので、画数が多いのが難点か・・・人によって形がかなり変わりそうですし。動作の場合はまだいいんですが、動物の名前とかになると、角が1本あるかないかとか、かなりビミョーな違いだけで判断しなくてはなりません。
e0022971_1774655.jpg

お寺を出たところは白沙の町並み。麗江の街ほど商業化はされていないし、素朴な村の通りですが、たまにおしゃれなカフェがあって外人さんがお茶をしてたりします。
e0022971_1781582.jpg

[PR]
by anmimi | 2006-04-15 17:18 | チャイナ全域
玉龍雪山
e0022971_2205559.jpg

台湾から麗江へ行くにはほぼ丸一日かかるので(今回は4回飛行機乗り継ぎ!)、観光は2日目から。まずは玉龍雪山に向かいました。高い山でしかも麗江の街から15キロしか離れていないので、私たちの宿泊したホテルからもくっきり。青空をバックに見るとまるで絵はがきみたいです。
赤土のちょっとアリゾナみたいな景色を見ながらまーっすぐな道を登っていくと「雲杉坪」という標高3200m地点まで行けます。で、ここではずら~と並んでスキー場みたいなリフトを待ちます。天気が良いのでリフトからの眺めも壮観。木々が緑になる夏はもっと眩しい景色でしょうが、夏になると雨季だし雲が出て山は見えないかもしれません。
終点から馬に乗って杉林を抜けると、ぱっと視界が広がる草原に着きます。この草原は前まで中に入れたそうなのですが、観光客に踏み荒らされたということで入れなくなっていました。でも周りでレンタルしている民族衣装を着て、みんな写真撮りまくりです。
e0022971_220445.jpg

ケーブル乗り口の下にはエメラルドグリーンの水が流れている河があり、そこで水牛に乗って写真を撮ろう!という観光地があります。私たちもしっかり乗りました。写真では水の色が分からないのが残念ですが、本当に透明な水です。
e0022971_22152319.jpg

水の写真がありました。こんな色です。
e0022971_16333749.jpg

[PR]
by anmimi | 2006-04-10 22:18 | チャイナ全域
麗江に行ってきました
念願の中国雲南省麗江に行ってきました。ここは世界遺産である古い町並みが一番有名ですが、やはり高山好きな私としては5596mの玉龍雪山をくっきりと見れたことが何よりの感動でした。雲南省は来月から雨季。清明節(4月5日)くらいから例年天気は崩れるものらしいので、ぎりぎりのところで最高によい気候の時に行けたみたいです。続きは後日・・・
e0022971_13194382.jpg

[PR]
by anmimi | 2006-04-08 13:23 | チャイナ全域