<   2007年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧
Bruggeの街並み
まずはベルギーの北西にある街、ブルージュから。
ブリュッセルから電車に乗って1時間弱。
「天井のない博物館」と言われている街は世界遺産です。どんなところかと思ったら・・・
e0022971_21583294.jpg

もーー、とにかく素敵すぎる!!
オレンジの屋根と、煉瓦と、運河と緑の木々とあちこちに植えられた花と。
街全体がおとぎ話というか、映画のセットのようというか・・・
写真では全く表現できなくてすみません・・・

e0022971_21534375.jpg
街中がフォトジェニック。観光客用ですが馬車も走っています。
普通に溶け込んでるでしょー。

e0022971_21542863.jpg























e0022971_21564198.jpg

そして・・・じゃーん。
これが有名な鐘楼からの眺め。
これを見るためにかなりハードな階段でしたが登りました。

1回では全く紹介しきれないので、写真はまだまだ続きますよー。
[PR]
by anmimi | 2007-08-28 22:22 | Europe!
ベルギーの代表的旨いモノ
ほんとはベルギー・ブリュッセルの一番有名な観光地、
グランパラスの写真から行きたかったのですが、
写真の処理がどうもうまく行かないので
とりあえずベルギーの代表的旨いモノから行ってみましょー。

e0022971_13243345.jpg

まずはやはりワッフルですね。
私などはマネケンとかで売ってるような堅めの小さい丸いやつしか知らなかったわけですが、
確かにそういうのは駅の売店やスーパーでいっぱい売ってて普通に激ウマなのですが、
カフェで食べるとこんなのです。
外はサクサクッ、中はふわふわ、お腹にどさっと来るものではありません。
小さく写ってますが、長さは20センチくらいあります。
まあもちろんかなりいいお値段なんですけどね、これで1500円くらい?
ユーロも益々高いので、観光地のカフェに入ると一番安いメニューがこれなんです。

e0022971_13251859.jpg
ビールもフルーツ味のがかなりおいしい!
私のお気に入りはこれ、ベルビューという銘柄のラズベリー味。
チェリー味もあります。
こんなのだとゴクゴクいけますね。
80くらいのご老人でも、みんなカフェで昼間からビール飲んでらっしゃいます。



e0022971_13255224.jpg
で、ベルギーももちろんチョコ天国。
あちこちに有名・無名問わずチョコ屋さんがあります。
こちらはブルージュにある「チョコレート・ライン」というお店のプラリネ。
重さで値段を計算するのですが、これだと1コ0.88ユーロくらい、
150円くらいですかね。
結構大きいし、さすがに濃厚で美味しいです。
もちろん、有名店にも必死に買いに走りました。
また続きは次回・・・
[PR]
by anmimi | 2007-08-26 13:35 | Europe!
オランダ&ベルギー
e0022971_21295895.jpg
ヨーロッパに行っていました。
今回はKLMのアムス行きしかチケットが取れなかったので、オランダとベルギーの旅。
いやはや、涼しかった!
曇りがちで小雨もぱらついた天気だからというのもあったのですが、
最高でも23℃くらい?小雨が降ると寒くて震えるくらいでした。
でもやっぱり暑いよりは素晴らしい。
e0022971_21304120.jpg

ぼちぼち写真アップします。
上はアムステルダムのミュージアム広場。
下はベルギーブルージュのマルクト広場前。
[PR]
by anmimi | 2007-08-20 21:33 | Europe!
台北の歴史的建築物
e0022971_11505763.jpg

台北の中正区にはきれいな歴史的建築物がたくさんあるんですね。43箇所も。
初めて歩いて見て回りました。
これは忠孝東路と中山南路の角にある「監査院」。

e0022971_1151418.jpg

こんな古い教会もあります。

ここまで来たくらいでポツポツと雨。
やばいかなーと思いつつ、このまま総統府まで行こう、と歩いていたら
ものすごい雷雨に。
その日の新聞で、グァバ狩りをしていた子供が突然の雷に打たれて死亡した、という記事を読んだばかりだったので、さすがに怖くなって散策は中止したのでした。



さてさて、今日から夏休み。
私も来週末まで台湾を留守にします。
皆さんもHave a nice vacation!!

e0022971_1150742.jpg
[PR]
by anmimi | 2007-08-11 12:21 | 台北あたり
台灣新幹線
e0022971_21592964.jpg
台湾の新幹線も開通してもう8ヵ月くらい?
仕事ではよく乗っているのですが、
一人で乗るのは初めてのような気がしたので、
今更ながら写真を撮ってきました。

台南駅。この辺りに話題沸騰の「送迎ゾーン」があります。
何が話題って、標識の英語表記が「Kiss and Ride」だから。
ネット上でもかなり話題になってるみたいです。
見たとき、ええーーっ、うそやーん!と爆笑したのですが、
まあまんざら間違いでもないらしい。
でも英語圏の人にとってもまだ「ごく一般的な表現」とは言えないらしく、
しかもアジアではかなり照れてしまう表記であります。





e0022971_220148.jpg



構内はこんな感じ。とってもきれいです。
モスバーガーもあるし。ちなみに台南駅にはスタバは入ってません。
サトウキビ畑の中にポツンと建ってる駅なので、まだ周りは何もないんですけどね。









e0022971_2203942.jpg

で、これが車輌でーす。
今日は比較的きれいに洗車されててよかった・・・
最初の洗車機が使えないシロモノで、しばらくは手作業で洗ってたらしく、いつもドロドロだったのです、新車なのに。

最近座席のポケットに車内販売のメニューを入れてるみたいですね。
すごいサービス。
内容はコアラのマーチとかポッキーとかUCCコーヒーとか日本のものが多いんですが、
不思議なのは「高岡屋味付のり」。そのまま食べるんですかねーー。
[PR]
by anmimi | 2007-08-08 22:20 | 台南に住んでた頃
プリンスアイスワールド台湾公演
e0022971_23341971.jpg

プリンスアイスワールド」の台湾公演を見てきました!
初の海外公演らしく、台北アリーナ内のスケートセンターで3日間公演。
私も古くはカタリナ・ヴィットやミシェル・クワン等々に始まって、フィギュアスケート大好き。
でも日本ではNHK杯とかの練習を見に行くことさえなかなか大変でしょ?
それが台湾ではチケット入手も楽々・・・
こんな大物が来てるのに!?って思うくらい席が余ってる感じだったのですが、
最終的にはまあまあの入りのようでした。

ショウ自体は、ちょっと子供だましな感じで?あまり好きな演出ではなかったのですが、
なんと言っても金メダリストが5m先で滑ってましたから!
すぐそこでジャンプしてましたから!
荒川静香さんはほんと、きりっとした感じの人ですねぇ。
もちろん色白でスタイルも良くて綺麗なんですけど、それ以上に精神的な崇高さがにじみ出ているというか。
恩田さんはすごくひょうきん。ソロばかりを飾るのではなく、普通の団員さんに混じって滑っているのが好感もてました。
あとは、本田武史くんと八木沼淳子さんという豪華メンバーが、最後に連続で超早いスピンを披露してくれたのは鳥肌モノ。私スピンが一番感動するのです。


e0022971_23325786.jpg

最後に客席の前まで来てくれたんですが、人垣に埋もれて前に行けず・・・
ちっちゃーく写ってる青い衣装は荒川静香さんですよ。
[PR]
by anmimi | 2007-08-05 23:38 | 台北あたり
チョコ三昧’07
e0022971_9504179.jpg


子供たちはもう夏休みなんですねー。
大人は来週の今日からやっと夏休みに突入です。
で、来週の今頃は・・・これですよ、これ。
またこれ三昧。
最近また太ってきたのでやばいんですけど、
チョコばっかりは我慢しませんぞ!







ゴディバってこんなパッケージもあるんですよ。
香港バージョンです。

e0022971_95066.jpg

[PR]
by anmimi | 2007-08-04 09:57 | 食べ物
キャラ別一人称考
e0022971_21461344.jpg

街角にある食堂です。いい雰囲気でしょ。
オープンキッチンなだけではなくて、お店全体が道路に面して完全オープンです。
主なメニューはちまきとかお味噌汁。


「のだめカンタービレ」、佳境に入ってます。
しかし上手いなぁと思ったのが、「のだめ」の字幕が「野田妹」となってること。
台湾では女の子の愛称で「○妹」(○は名前の最後の文字が普通)というのがあります。
普通に「○ちゃん」なのか、はたまた「○っち」か「○ちん」か「○たん」か、
外人の私に細かいニュアンスは分かりませんが、
とりあえず親しみを込めた女の子の呼び方。
で、「妹」は「めい」と読むので、発音までピッタリなのです。

ついでにキャラ別の一人称も紹介。
中国語の一人称は老若男女の区別なく「我」しかないと思われがちですが、
のだめカンタービレに出てくるキャラは自分の呼び方も個性的。
例えば千秋様は「本大爺」(俺様)。
真澄ちゃんは「人家」。これは普通女子しか使わない自分の呼び方ですからね。
で、ハリセン先生に怒鳴られて、九州弁で怒鳴り返した時ののだめは「老娘」。
「うち」とか「あたい」とか、ちょっと田舎臭く、女の子が啖呵きるときの言い方です。
但し中華圏の人は自分で自分のことを「のだめは・・・」とか言ったりしません。
そこはやはり「我」と訳すしかありませんね。
[PR]
by anmimi | 2007-08-01 22:48 | 台南に住んでた頃