<   2009年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧
にゃんこ@島
さて。馬祖写真ラストです。
e0022971_0241586.jpg

芹壁で迎えた朝は、青い空と青い海。眩しい太陽の下、民宿前のカフェで朝ご飯。
e0022971_0244963.jpg

このカフェにはにゃんこが4匹ほどいて、お客さんの足元でゴロゴロしてました。
e0022971_0251796.jpg

で、カフェの欄干がカエルの形なのですよ。
実はこのカフェ、夜になるとカエルの合唱がすごかったのですが、ほどなく本物のカエル(結構でっかい)がピョンピョンと、猫を怖がるわけでもなく出てきました。
そしてカフェの裏山にはカエル寺が。
由来はよく分からなかったのですが、カエルさまを崇めているみたいです。
e0022971_0254628.jpg

馬祖と言えば「八八坑道」。
トンネルの前にかめが並ぶこの絵は結構有名だと思います。
昔の軍事用トンネルが今は酒蔵というか、お酒の貯蔵庫になっています。
暗くてジメーっとしたトンネルの中はものすごいお酒のニオイ!
e0022971_028419.jpg

馬祖ならではの海鮮も食べましたよ~。
馬祖で海鮮というと、円卓でコースっぽいのを食べるレストランが殆どらしく、
2人くらいのお客に少量の海鮮料理を食べさせてくれるお店は少ないらしいです。
私たちもタクシーのおじさんオススメの食堂に行ったのですが、どれも量が多かったですね。
これ、ガメラの手みたいでしょ。名前は「カメノテ」(中国語では『佛手』)、
フジツボみたいな生き物。
根本のところにちょびっと食べられるところがあるのです。
あとは山盛りのアサリと山盛りの小ぶりのムール貝みたいなのと。
そして「魚麺」の炒麺を食べました。魚のすり身で作っている麺なので、かまぼこみたいな味でおいしい。

以上、馬祖オススメです!みなさんも是非行ってみて下さい。
[PR]
by anmimi | 2009-06-28 00:30 | 島が好き
路線変更
久々に友人Kとカメラ談義に花が咲いたのですが。
私がぼーっとしている間に、Kは新しいカメラを2台も買っていた!!
そのうち一台は私もマネっこさせてもらって、近々トイカメラデビューの予定です。
で、私の「いかにも日本人っぽい」写真には飽きたとご意見いただいたので、今日はちょっとだけワイルドめな?馬祖フォトをアップしてみます。
e0022971_2143196.jpg

馬祖は住所的には中国福建省。目の前が中国大陸ということで、昔は反共前線の重要な軍事基地だったのです。
例えばここは南竿にある「鐵堡」という特殊部隊の訓練基地だったところ。
「51」というのは馬祖にある基地の番号。それくらいあちこちに基地があります。
現在でも台湾の代表的な駐屯地です。
e0022971_214511100.jpg

鐵堡から望む浜辺。
このトゲトゲの植物も一応、敵の侵入を防ぐためだとか。
ところで、馬祖のビーチできれいなところは一箇所くらいしかありません。
なんせ対岸が大陸ですから、ゴミがすごい!
e0022971_2281330.jpg

e0022971_21454967.jpg

こちらは北竿にある小さな漁村「橋仔村」の風景。
ここにはブーゲンビリアがありました。こういう石の屋根とやっぱり合う!
ここで呼んで来てもらったタクシーのおばちゃんもいい感じだった!
農作業の途中で出てきたみたいな格好でしたが、景色のきれいなところにも連れて行ってくれたし、
ガイドもなれてる感じでしたね。村人みんなが島のガイドって感じのところです。
e0022971_21492578.jpg

それからこちらも南竿の観光スポット、というかこれまた普通の集落ではあるのですが
牛角村(復興村ともいう)です。
ここも家々が石作りで、たまにおしゃれなお店とかがあるので有名です。
[PR]
by anmimi | 2009-06-20 21:53 | 島が好き
芹壁村
カフェのあと、他の名所をいくつか案内してもらって夕方には港へ。
20分ほど船に乗ると北竿に移動できるのです。
e0022971_2217737.jpg

今回のお宿は北竿の「芹壁」という集落にある民宿。
当然この閩東式石造りの家に泊まります!
この芹壁村こそが今回の目的地なのです。
e0022971_22161886.jpg

民宿の人が港まで迎えに来てくれた頃にはちょうど夕陽が傾いてきて。
チェックインももどかしく、早速撮影開始!!
全てがフォトジェニックすぎて、一歩移動するたびに1枚、いや10枚!
e0022971_22175642.jpg

集落自体はほんとに小さいです。だいたいこれで全部。上の方は廃屋も多いです。
そのうちの何軒かが私たちの泊まった「芹壁地中海民宿」の宿になっていて、
コテージ式に独立した建物を使えるわけです。
付近にはレストランも商店もありませんが、民宿にカフェが併設されているので大丈夫。
車もほとんど通らない道路を挟んで向かい側はビーチ。
e0022971_22185866.jpg

夢中でシャッターを切っているうちにあっという間に暗くなり・・・こんな雰囲気。
ビーチで夕陽が沈むのを見たあと、カフェで夜ごはん。
また赤い酒粕を使った炒飯と、あともう一つ魚麺も食べました。とってもおいしい!
e0022971_2220657.jpg

夜、家々をほのかに照らすのはこんなランプです。
[PR]
by anmimi | 2009-06-14 22:39 | 島が好き
夫人咖啡
今回の馬祖行きは台北の松山空港から。プロペラ機で50分ほどです。
台中からのフライトもありますが、便数が少ないので台北まで新幹線で行きました。
e0022971_22172243.jpg

馬祖のメインアイランドは北竿と南竿ですが、私たちは行き帰りとも南竿空港を利用しました。
タクシーを半日チャーターしてまずは有名なカフェ「夫人珈琲館」へ。
ちなみに、タクシーのチャーターは1時間当たり500~600元が相場だそう。行きたいとお願いした場所だけでなく、オススメ観光地も廻ってくれる上に、しっかり説明まで付いているとはつゆ知らず、350元に値切ってしまった私たち(笑)今回は親切な運転手さんたちに4人ほどお世話になりました。みんないい人!
e0022971_22162738.jpg

馬祖でカフェと言えばココというくらい有名らしい夫人珈琲館。
海の見える高台にある、馬祖の伝統的な石造りの家を使ったお店で、とってもいい雰囲気!!
ちょうどお客さんも少なくて、静かにまったりできました。

台湾の離島というと南国熱帯のイメージがあるのですが、
ここの庭や周りの緑を見てなんか意外でした。
咲いているのは立葵やサルビア、アジサイといった日本にもある花、そして樹木もヤシの木なんかはなくて、日本と似たような感じ。緯度的には台北よりもっと北だし、冬は零下にもなるそうです。
e0022971_22175747.jpg

夫人珈琲でのオススメは馬祖の伝統料理をカフェ風にアレンジしたもの。
このドリア、中のご飯が赤いの、見えます?
馬祖では昔から家々で老酒(紹興酒みたいなの)を醸造しているらしいのですが、酒粕が赤いのです。ちょっと酸っぱい感じで、それを調味料として色んな料理に使うらしく、炒飯は一番有名だそうです。
このほかにギョーザのグラタンも美味しかった!
e0022971_22184091.jpg

そしてコーヒーは看板メニューの「氷滴珈琲」を。
降り注ぐ太陽の下(めちゃ暑いけど)、青い海を見ながら美味しいコーヒーが飲めるなんて最高です。
[PR]
by anmimi | 2009-06-12 22:24 | カフェ巡り
馬祖に行ってきました
e0022971_074418.jpg

念願の!馬祖に行ってきました。
でも~写真をゆっくりアップする時間もなく、
明日から中国出張・・・まだ全然荷物ができてません!

ということで、週末に更新しますので見に来て下さいね。
[PR]
by anmimi | 2009-06-09 00:08 | 島が好き
5月末の日本
e0022971_22273443.jpg

今回実家に帰ったら、なんと大量のさくらんぼが実ってたのです。
山形でのさくらんぼ狩りは積年の夢ですが、
実家でできるとは夢にも思わず。無料にて取り放題で食べ放題、最高です。
e0022971_22281666.jpg

日本に帰ると何か花を見に行きたくなるのですが、アジサイには早いし、アヤメはそんなに好きじゃないしなあ、と思っていたらバラがありました。
e0022971_22293836.jpg

今回の外食はお蕎麦と焼き鳥と山奥のイタリアン。
初めて食べたホタルイカと菜の花のパスタです。
e0022971_2230495.jpg

天気が良かったので、一緒にかなり遠くまで散歩に行きましたよん。
お陰で翌日から筋肉痛。
[PR]
by anmimi | 2009-06-04 22:32 | にっぽん!